• English (United States)
  • 日本語
Home | Uncategorized | ツェルマットのオススメ観光スポット〜絶景の展望台編〜

ツェルマットのオススメ観光スポット〜絶景の展望台編〜

ツェルマットは、スケールの大きな素晴らしいヨーロッパアルプスを眺めるのに最も適した地です。

標高2000m以上の高山帯にある展望台では、ハイキングや登山をしなくても、美しいアルプスの山々を見渡すことが可能です。
大自然の中に身を置き、天気や時間帯によって様々な表情を見せるヨーロッパアルプスの山々や、飽きることのない美しい景色を体感してみてはいかがでしょうか?

そんなツェルマットで、絶景を堪能できるオススメ観光スポットを厳選してご紹介します!

ツェルマット 観光に欠かせない!

オススメの絶景展望台ベスト4

①ゴルナーグラート展望台(3089m)

ツェルマットで最も人気の高い展望台と言えば、ゴルナーグラート展望台。
スイスでも屈指の観光地の一つとなっています。

マッターホルンを含む、ヨーロッパアルプス4000峰の3/4にあたる29座がツェルマットに位置し、展望台をぐるっと取り囲むようにそびえています。
展望台へ向かう鉄道からの車窓が素晴らしいため、時間帯によっては鉄道内も大混雑するほどの人気です。
展望台からはマッターホルン、ブライトホルン、リスカム、スイス最高峰のモンテローザ、ヴェッターホルン、ゴルナー氷河など、360度の大展望が楽しめます。

展望台は人気なのですぐに大勢の観光客で一杯になります。
ヨーロッパで最高標高のクルムホテル(3100m)で食事を楽しんだり、宿泊するのも素晴らしい体験でオススメです。
帰りはハイキングで逆さマッターホルンを楽しむこともできます。
夏季以外であればロープウェイでシュトックホルンに行くこともできます。

アクセス:ツェルマット駅→ゴルナーグラート鉄道でゴルナーグラート駅(所要時間:約33分)

②マッターホルン・グレーシャー・パラダイス展望台(3833m)

ツェルマットからロープウェイを乗り次いだところにあるヨーロッパ最高地点の展望台です。

マッターホルンの隣にあるクライン・マッターホルンに展望台があるため、
クライン・マッターホルン展望台とも呼ばれています。
かなりの高所にあるため、空気がとても薄いですが、ここから見るマッターホルンや氷河の景色は圧巻です。
マッターホルンを最も間近に見ることができ、4000m級のスイスアルプスの山々を360度の大パノラマで見渡すことができます。
氷河の下にある氷河宮殿も見どころです。

アクセス:フーリからロープウェイ乗り換え→トロッケナー・シュテークからさらにロープウェイで山頂駅(所要時間:約30~40分)

③スネガ展望台(2,288m)

ツェルマットの中心地から一番近い展望台で、地下ケーブルカー「スネガ・エクスプレス」で約3分の距離にあります。
気軽に行ける上、鋭くとがった美しいマッターホルンの景色を見ることができます。
日当たりの良いテラスは居心地が良く、お子さんを連れた家族での観光にも適しています。
マッターホルンを眺めながらの食事やビール、ワインを嗜むのは最高です!

そのアクセスの良さから、ツェルマットに降りたり、他の展望台や鉄道の駅へ行くことも簡単です。
多くのハイキングの出発点や、スキー・スノーボードの拠点にもなっています。

アクセス:ツェルマット駅からケーブルカーでスネガ駅(所要時間:約3分)

④ロートホルン展望台(3103m)

スネガからゴンドラとロープウェーを乗り継いで約15分ほどの所にあるロートホルン展望台。
ツェルマットからだとケーブルカーからの乗り換えなので、異なる乗り物を楽しめる上、それぞれの変化に富んだ景色も魅力です。
標高2,288mのスネガからさらに高い3,103mの地点にあるので、マッターホルンを含めたくさんの山々を見渡すことができます。
展望台からは標高3,415mのオーバーロートホルンに登ることもできるため、
夏はハイキングを楽しむ観光客でにぎわいます。

他の3つの展望台と違って、そこまで混雑せず、マッターホルンも違った角度で眺められる穴場的な展望台です。

アクセス:ツェルマット駅からケーブルカーでスネガ駅→スネガ駅からゴンドラでブラウヘルト駅→ブラウヘルト駅からロープウェーでロートホルン駅→徒歩約1分(所要時間:約20分)

いかがでしたでしょうか?
どの展望台も標高が2000mを超えるので、夏でもダウンジャケットやフリースは必須です。
また、高山病にならないように、前日はゆっくりと睡眠をとり、観光当日は水をこまめに飲み、呼吸をしっかりすること、ゆっくりと動くことを意識しましょう。